第7回 お迎え

アイカタ(夫のこと。私の夫は中国人です。)とけんかをして、一日実家に帰ったことがあります。職場で、

「実は今日、実家から通勤した。」

と、中国人の同僚に事情を話すと、

「早くだんなさんが来てくれるといいね」

と。

「いや、迎えに来てくれなくても、今日もう帰るわ。家の中心配だし」

「迎えに来てくれないのに帰るの!?それは中国ではちょっとありえないわ~。メンツがあるからね。」

 

中国はメンツ社会です。中国人は非常にメンツを重視します。このコラムでも何回かに分けて書こうと思っていますが、この「メンツ」が、なかなか日本人には理解できないところでもあります。(特に男性のメンツ重視の姿勢はすごいです。命よりメンツ!という人もいるくらい・・・)

 

彼女の話では、けんかして奥さんが実家に帰った場合、奥さんはだんなさんが「すみませんでした、戻ってきてください」と、(口にはしないにしても)迎えにこない限り、めったに自分からは帰らないということでした。自発的に帰ってしまうと、自分の両親に対してメンツが立たなくなるからだそうで・・・。また、なかなかだんなさんが迎えに来ないというのも、自分の立場がなくなってしまうそうで、迎えに来てもらえなくて、ずううっと実家にいるしかない場合もあるのだとか。

「あなたももう少しねばってみたら?」

と、同僚からのアドバイスでしたが、意地の張り合いも疲れてしまうので、まっすぐ帰宅しました。

そしたら、アイカタは実家のほうに迎えに行っていました。もうすこし様子を見てもよかったかもしれません・・・(笑)