第16回 はっきり言わなきゃわかんない

知り合いのアパレルショップの店長さんが、中国人の女の子をアルバイトに雇いました。中国人のお客さんがよく来るお店だったので、その女の子が役に立ってくれるだろうと思ったのですが・・・。彼女は日本人のお客さんに「このサイズはあなたには小さいです」「この色はあなたには似合わないです」などと言ってしまうので、店長さんは彼女に注意せざるを得ませんでした。彼女は、中国人にはそう言っても何の問題もないのに何で?それに全部本当のことなのに・・・と憮然としていたようで。彼女は、来日して一年に満たなかったようなので、まだそんなに日本の習慣を知らなかったのかなと思うのですが。

 

前回も書きましたが、日本人は「気づいたことをはっきりと教えてあげる」ことや、自分の正直な意見を言うことより、その場の雰囲気や相手の気持ちを尊重して話す「空気を読む」ことを非常に気にしています。が、「空気」は訓練しないと読めないので、日本に来た外国人はそれを理解して、順応できるまでにはかなり時間がかかるだろうと思います。

 

また、どうしても自分の意見を言わないといけないようなときでも、日本人は直接的な表現はしません。例えばお店で店員が「これはサイズも色もあなたには合わないので、こちらの方がもっといいです」などとは勧めないし、客も「それは好きじゃないです」などとは言いません。「こちらはいかがですか」「それはちょっと」などと、言うやんわりとしたやり取りが交わされます。日本人同士の会話では、全ては言わないで、相手に言わんとすることを分かってもらおうという独特の文化があります。この日本人の「曖昧」さが理解できない中国人は多いですね。中国語の表現は直接的なため、中国語から日本語に直訳してそのまま言ってしまっては、文法的に間違ってはいなくても、日本人が普段使わないようなきっつい表現になってしまいます。

 

普段直接的な表現で会話している中国人に遠まわしに言っても、なかなか思うようにわかってもらえないこともあります。

「中国人ってニブいの?」

私にそう質問した日本人の女の子がいました。彼女は中国人の男の子に言い寄られていましたが、その気がないので、デートに誘われるたびに今日はちょっととか、忙しいとか言って断っていたそうなのですが、何度迷惑そうな様子を見せても、彼は分かってくれず、

「じゃ、いつならいいの?」

と、しつこくやって来るそうです。この場合は、

「私はあたなに恋愛感情はありません、ただの友達です。」

くらいはっきり言ったほうがいいでしょうね。

 

私も中国人の友達の誘いを断るとき、

「行きたいことは行きたいんだけど、でもちょっと、あの、今日は・・・」

などと言ってしまい、相手は私が行くのか行かないのか分からなくて、いらいらしていることがありました。

「行けないなら行けない、行きたくないなら行きたくないって、はっきり言えばいいのに!」

と、ぴしゃりと言わてしまいます。日本人なら、「ちょっと」の先に「無理だ」とか「だめだ」とかの否定形がくるのは当然のこととして分かっているのだが、中国人は「ちょっとなんなの?」とその次の言葉を待っています。

 

また、日本人は「嫌い」とか「悪い」とかいう否定的な言葉を頻繁に使うのを好みません。「大嫌い」でも「それはあんまり」などととにかく婉曲な表現につとめます。中国人はそんなめんどくさいことは言わずに、嫌いなものは嫌いと言いますね。以前、私が中国人と暮らしているとき、誰かが香菜(パクチー)をどこからかもらってきました。香菜は熱を通したものは臭いが弱まりますが、生のままで中華サラダなどに入っているものは、臭いがきつく、どの具を食べてもその味しかしません。私は以前、これがとても苦手でした。(今は好んで食べますが)ルームメイトがキッチンで香菜をきざんでいる後ろで私は、

「それ入れるの?私ちょっと・・・」

と言いましたが、彼女は鼻歌を歌いながら、無造作に香菜の山をつかんでスープに入れようとし、傍で見ていたほかのルームメイトがあわてて

「この子がそういうこと言うってことは、『嫌い』ってことでしょ。あんまり入れないであげて」

「そうなの?嫌なら嫌ってはっきり言いなよ~」

 

本音を言ったり、直接的に表現したほうが中国人との関係は円滑になるような気がしますね。自分の意見を正直に言わないと、何を考えているのか分からないとか、いい人のふりをしているとか、友達だったら「私に心を許してないの?」と思われることもあるくらいです。「空気を読んで」発言したつもりでも、そんな反応は求められていないこともよくあります。あなたの本音はどこにあるの?と突っ込んで聞かれます。

 

最初は大変ですが慣れてしまえば、それはそれで楽なときもあります。帰国したばかりのときは、かえって日本人と話すほうが気を使うなぁ・・・と思ったのでした(笑)