第69回 整形手術の通訳をお願いします!?①

中国のことばかり書いていますが、たまには韓国のことも書こうと思います。韓国人女性に美容整形手術を受けている人が多いのは、みなさんもご存じだと思いますが、韓国に滞在中、こんなことがありました。

 

「お願いがあるんだ」

韓国語学校に通っていたある日、放課後に中国人の友達、麗●(名前は伏せます)から呼び出されました。

「まだ誰にも言ってないんだから。二人の秘密だよ!あのね、私、整形しようと思うんだ」

「ええ~?!整形!?」

「そう、二重にするの」

「二重にしなくても、麗●は十分可愛いよ。焦らないでよく考えてみなよ。」

私は彼女を説得しようとしましたが、彼女は頑として譲りません。二重にするのは彼女の夢で、そのために前からお金をためていて、どうせやるなら、中国より美容整形手術のレベルの高い韓国で!(数年前のことです。現在は中国の美容整形もかなり進歩しているそうです。)ということなのでした。

 

「で、私に頼みごとって?」

「手術の上手な病院を探して欲しいの。それから、手術のときに通訳してくれない?お願い!!あなたにしか頼めないの」

彼女の勢いに負けて、引き受けるしかありませんでした。麗●も同じ学校で韓国語を学んではいたのですが、彼女たち一部の中国人は就労目的で来ていて、あまり韓国語を真剣に学んではおらず、韓国人の友人も多くはなかったので、通訳を私に頼んだのでした。日本人である私に韓国語⇔中国語の通訳を頼むのもおかしな話なのですが…。

 

韓国では、美容整形する女性が多く、美容整形外科通りと呼ばれるところがあるほどです。韓国女性は、化粧の延長のような感覚で整形をする人が多いように感じます。美しさを得るための手段として整形をすることに、あまり抵抗を感じていないようでした。一番ポピュラーなのは二重まぶたにする手術ですが、鼻を高くしたり、唇を厚くしたり、骨を削って小顔にする、などいろいろなコースがあり、私の周りにも、あごの骨を削ってしばらく口を開けられない…と言っている人や、二重の幅が気に入らないからやり直すと言っている人がいました。

 

韓国では、大学に合格したお祝いに親がお金を出して整形手術をプレゼントすることも多いし(環境が変わる節目であるし、春休みを挟むので手術に都合が良い)、就職活動の一環で整形をするという人もいます。外見が美しいほうが、面接に有利だからだそうですが、それを聞くと、女性が内面や能力で評価されるのが難しく、外見が特に重視されているということの現れのように思えました。

 

また、韓国に滞在中感じたことですが、韓国人男性は、女性の容姿について口に出してほめることが多いです。外見が綺麗な女性がいたら、「どうしてそんなに綺麗なんですか?」「こんな美人と出会えるなんて幸せです」などと、歯が浮いてしまうようなセリフを面と向かって、サラッと本人に言います(他の女性が周りにいても)。そして、ちやほやします(笑)。美人は優遇されるのです。この点は日本よりあからさまで、かなり驚きました。韓国人男性の中には、整形肯定派が多いですね。「女性を連れて歩くなら、美人にこしたことはない。美しくなければ、直せばいい」と、あるTV番組で韓国人男性が言った言葉が強烈に印象に残っています。

 

結局、韓国人女性を「美」に、「整形」に走らせるのは、男性や社会なんじゃないのかな・・・と思いました。こんな環境の中にいたら、みんな「きれいになりたい!!」と思ってしまうのも無理はないんじゃないか・・・と。韓国人の友達の中には、整形した人が何人かいるのですが、みな手術したことを隠そうとはしないのでそれにも驚いきました。韓国人女性の美に対する姿勢は、切実で、貪欲で、それでいて潔いのです。

 

②に続きます。